プリンターを維持するには洗浄カートリッジを使うと効果的

オフィス

使用頻度を考慮する

複合機

複合機の使用頻度は、業種や営業形態などによって大きく異なります。中古の複合機でも十分な場合があります。少人数の体制で使用頻度があまり見込まれない場合や、購入コストを抑えたいというときには、中古の複合機導入は大いに検討の余地があります。

お得で簡単なメンテナンス

インク

使用方法はインクと同じ

プリンター性能の向上により、写真と同等の美しい印刷が可能となりましたが、少しの目詰まりでも欠けやかすれが目立ってしまいます。社内資料や見積書といった業務用の書類は特に気をつかう必要があり、常に正常な印刷を維持するべきでしょう。また、インク代は経費増の原因となるため、印刷失敗の繰り返しは避けなければなりません。そこで利用されている洗浄カートリッジは、メンテナンスに欠かせないアイテムとして重宝されています。プリンターは機種ごとに4色・6色といったインクカートリッジがあり、例えば印刷がかすれる場合、いずれかの色が目詰まりしているのです。久しぶりに使用した際に多発しますが、通常時の発生も十分にあり得ます。洗浄カートリッジはインクカートリッジと同じサイズが特徴で、ポイントはインク交換と同じようにセットする点です。洗浄液をインクに注入するわけではないため、詰め替えカートリッジを使用している際は、社内で注意を呼びかけると良いでしょう。洗浄カートリッジとプリンターのヘッドクリーニング機能により、ノズルの固着インクを分解する仕組みです。ヘッドクリーニングではインクを使用することから、節約のために洗浄カートリッジは全色装着します。装着後はヘッドクリーニング・テスト印刷・ノズルチェックの各機能を使用し、正常であれば通常のインクカートリッジに戻します。洗浄カートリッジの導入は購入のみで済む手軽さがあり、4色・6色の各セットで2000円前後、1色のみ選択する場合は500円前後です。

コピーなどの事務には

コピー機

ビジネスに使用されるコピー機はサイズも大きくなりがちです。そのため、購入すると価格も高くなってしまいます。しかしリース契約を結ぶことで、修理や故障などの心配をせずに業務用のコピー機を利用すること可能となります。

作業の効率を上げる神器

女性

建築や設備などの図面を作成する際にcadが使われます。cadを使用することで、手描きよりも速く、綺麗に図面を作成することができ、そのデータを他者と共有したり、容易に編集することができます。仕事を効率良く進める上で、cadはなくてはならない存在です。